6月になりました。早いです。もう、蒸し暑くてなかなか大変な時期です。疲れやすいので気をつけましょう。
  
琳太郎は元気です、よつごも慣れてきました。

 

 

 

 

 

    初シャンプー.。o○ 琳太郎              竹千代♂十兵衛♂菊丸♂珠子♀  
  
募集開始しまーす。

むつごは里帰り中ですが、その後ベビーがわんさか💦毎日ヘロヘロです。また順番にご紹介しますね。
 

ちみ♀、今日からトライアルです。ちみ、がんばれー。

悲しいご報告があります。
2階の成猫たち、具合の悪い子が数匹いて通院し検査し治療もしてきました。めぐ♀、ハチ♂、さくらこ♀
さくらこ♀は検査の結果、心配な数値もありますが他の病院で出してもらったお薬が効いたのか?がりがりだったのが太ってきて今、元気にしています。これから、どうなるかまだ安心はできませんが現在は落ち着いています。

白血病陽性のめぐちゃん。保護時には+でした、母子感染なのか生後半年までの間にキャリア猫に噛まれたのか?募集用の写真撮影を頼まれたのをきっかけに、うちに来て訳あってうちにいました。なつっこい、誰にでもスリスリの可愛い子で希望もたくさんいただきましたが白血病は短命の子が多い というので諦めてました。

うちで生活中1歳すぎに目を拭いたのがきっかけで角膜に穴が開いてしまい痛い想いをさせてしまって可哀想でした。今でこそ、何かあれば通院している病院に東名で通い、高額手術も受けて目はほゞ元通りになりました。このブログを始めたきっかけの1つでもあります。何度も具合悪くなり、ご飯も食べなくて心配な状態になりましたが高容量のインターフェロンの連足投与でその都度、復活して元気になってくれました。

初代リタとは仲良しで本当の妹のように可愛がりました。


              リタ、体調異変のあったころ

めぐが1歳半すぎに、妹分の初代リタ♀がFIPになり気づいてからあっという間逝ってしまった時には、苦しいつらいリタの側を離れずずっと付き添ってくれた優しい子。

 

 

 

 

 

  リタを抱きしめるめぐ  
 
リタの亡骸を抱きしめていた姿は本当に驚いて、動物とはいえ・・・動物だからこその愛を目の当たりにしました。その時のことを想うと今も泣けてしまいます。

そんな優しいめぐ。リタの分まで長生きしてほしい と思っていました。白血病の子は子猫だと1歳になれないで逝ってしまった子もいましたし、だいたい3~4歳と聞いていました。5歳ぐらいの子もいる・・・と。なので4歳を目標にして、達成してからは半年づつ伸ばして元気に過ごそう とめぐと目標にしていました。5歳をすぎて、めぐちゃんすごいねー、えらいよ がんばろうね って、お話ししてました。
              鼻水が止まらなくて・・・

いつもは、インターフェロンが効いて食欲が戻るのですが今回は少し前から口に大きな潰瘍もできてお口も痛くて。それが治ってもご飯をたべなくて治療しても点滴しても、すこーし食べてくれて毛づくろいする元気まで出ましたが、みるみる痩せて小さく軽くなってしまいました。それでもがんばって強制自給。嫌がりましたが続けて。もう長くないかもしれない・・・と覚悟はしましたが。
前日、寝る時はまだ香箱座りできていたので大丈夫と思っていたのですが翌朝、2階に行くとめぐは、もう逝ってしまっていました。
 
めぐを抱きしめると涙がこぼれました。あぁ、ついててあげれなかった ごめんね。めぐ、今までありがとう おつかれさま。
5/10、めぐは天国へ行きました。約5歳半でした。せめて、6歳いえ7歳まで生きてほしかった・・・。でも、たくさん頑張りました◎

 ハチも元気のない日々が続いていました。5/11通院しウィルス検査しましょう と受けましたがエイズ白血病陰性。
なにが原因なんでしょう?先生に聞きましたが血液検査の結果も、特に悪くないし風邪のウィルスによるものかなーと言われていました。もっと、いろいろ詳しい検査をすれば何かわかったかもしれませんが。

 

 

 

 

 

  
だるそうなハチ
                   マーヤちゃん♀

治療してもらいましたが、その日の夜も具合悪そうで側を離れられませんでした。なでて声をかけてあげるしかできなくて。12日朝、少し歩いたり動けて昼間はだるそうでしたが横になっていました。その後、夕に行ったらハチもう逝ってしまってました。こんなに早く・・・。ハチー、つらかったね がんばってえらかったよ って言いました。5/12ハチは逝きました。

 ハチは去年、飼育放棄され保健所で処分を・・・という無責任な飼い主宅から助けた11匹のうちの1匹です。去年の6月に、うちに来ました。まだ1年になってないのに。
すごく汚れたひどい部屋にマーヤちゃんと2匹、他の子とは別に入れられてました。他の子たちはがんばって、おうちを見つけましたがこの子たちは目が見えないし処分でいいです というのを引き取りました。
細菌が身体にたくさん入っていて真っ赤な血尿が続き通院治療して元気になりました、目は見えてました。

始めのころは身体も大きく、他の子をいじめたりし威張って困りましたが、だんだん仲良くなり安心していられました。
今までの分まで快適に仲良く過ごしてくれれば・・・と思っていたので残念です。マーヤちゃんには長生きしてほしいです。

2匹が治療のかいなく逝ってしまったので残念で。めぐちゃんには手がかかったので寂しくもあり、いつもここにいたなぁ とか思い出して元気も出ない時。
メンバーが谷岡さんがYouTubeあげてます と教えてくれました。
早速見ると・・・なんとタイムリーな。今の私にドンピシャです。早速、谷岡さんの話を聞きました。今までアニコミ講座で教えてもらったことも入っていたので、もちろんわかってはいても肉体がなくなるのは悲しいです。どうしたって、泣いちゃいます。

谷岡さんの良き相棒のはなちゃんが逝ってしまったことも知りました。悲しくても、どうぶつたちは・・・ってわかっていると、その後の気持ちは軽くなりますね。今、可愛い子を失って悲しんでいる人がいたら 元気になってほしい と思いました。谷岡さんもぜひぜひ✨と言ってくださったので谷岡さんの、このお話しを載せさせていただきます。Facebookをやっている人はお教室情報などもあるようですよ、興味のある人はチェック👓してみてください。そして、な なんと本も出されましたぁ。


はなちゃんの大人な対応は感動ものです👍はなちゃん、教えてくれてありがとう。

『星の書~どうぶつ先生の愛のはなし』
谷岡恵里子 愛犬はな

第3回講座『動物たちの旅立ちの日〜愛犬はなの事例と共に〜
谷岡恵里子さんのYoutubeちゃんねるより
「第3回講座『動物たちの旅立ちの日〜愛犬はなの事例と共に〜」
旅立ちを幸せに…動物と人間とでは死への捉え方が大きく異なります。私がこれまで話してきた体験から気づいたこ・・・・