その日(11/30)もチビにゃん達の世話が終わりゲージに寝かせて、さぁエマ 次めぐの世話。ああ~めぐ、目の周りが真っ黒に汚れが付いちゃってるよ。何で、こんななっちゃうんだろうね~ と言いながら目の周りをきれいに拭く。
あ~、きれいになったね で、やめれば良かった。その時、もうひと拭きして・・・と拭いてたら、ものすごい勢いで水が?飛び出した・・・。

ええ?何あれ?どこから水が出たの?驚くと・・・
めぐが私に抱っこされてたけど突然、飛び降りて様子がおかしい。
めぐ、どうした?めぐ、何かしちゃったの?見せてごらん。
めぐは、下を向いたり壁の隅の方に行って背を向けたまま。頭を下にさげたり顔を壁につけようとしたり明らかに様子が変。少しして、めぐの顔を見た時は言葉を失ってしまった・・・。めぐの目から赤い血の涙、液が出ている。

めぐ~、目どうした?さっきの水は目からだったの?そうだったんだね。どうしちゃった?ごめん、目がどうにかなっちゃったんだね。めぐは、それからも痛みもありパニック。私は、なんてことをしちゃったんだろう。なんてことを・・・。ごめんね、めぐ。私も痛がり怯えるめぐを見て混乱状態。

この時22:30前後。このまま朝まで病院に行かないなんて無理・・・絶対無理。夜間にやってくれる病院、どこ?どこだろう?うちから近く・・・。混乱してて考えられないよ。にゃんこ知り合い2人に電話したけどつながらない。どうしよう??めぐがゲージの奥に入ったり棚のベットに行ったり痛みに耐えながらも自分で居場所を探してる。まってて今、病院探すからね。めぐが棚のベットに頭を抱えて横になってるのを見届けて私は急いでパソコンで夜間診療してくれる近くの病院を探す。(ああ、手が震えてパソコンできない)富士宮市のY動物病院。急いで電話、動揺したまま涙声で留守電にメッセージを入れる。急いでめぐの所へ行く。めぐがいない!めぐ、どこ??めぐ~?必死に探しめぐを見つけ様子を見ていると電話が。Y動物病院の先生。事情を話、診てくれるそうだ。ありがとうございます。

急いで病院へ。私、猫達のために・・・なんて、ねこのためになってない。なんて可哀想なことをしちゃったんだろうって・・・。病院に23:30前について診察してもらう。痛み止めと化膿止めの注射をしてもらい、どういうことが起きたか今後、どうするか?どうなっていくか?わかり易く説明してもらった。先生の診断では、角膜が破れてしまったのだろう 水は目の中にある角膜と水晶体の間からのもの との事。ショックで、めぐに申し訳なく涙・・・。強く拭いちゃったのかな?ごめんね めぐ。とりあえず明日、いつもの病院が休診なので炎症が心配だから明日も通院し注射してもらうことになる。エリザベスカラーは、しっかりして と言われ慣れないけれど我慢しないとね。それでも処置してもらって痛みが軽くなったのか?めぐは帰ってきてから(0:30ごろ)ドライをポリポリ食べた。少し救われたけどこれからの事を考えるとつらい。(チビっちも)みんなごめんね。驚いたね、おやすみ。深夜なのに診ていただいたD先生には本当に感謝の気持ち。ありがとうございました。それでも、めぐの目が心配で朝まで寝れるはずもなく・・・。 

s-IMG_1420手術前の角膜に穴があいて痛いめぐ 

次の日もY動物病院に行き先生に治療してもらい明日は、いつもの病院に行くことにする。いつものS動物病院で院長先生に診てもらう。 ああぁ~ これは(破れた角膜の穴が)大きい。先生に、○○さんのせいじゃない。目をふいてあげなきゃ細菌とかで不衛生になる。角膜が弱くなっていたか傷があったかもしれない・・・と言われたけれど私が、もっと注意して優しく拭いてあげていれば・・・と後悔の念はぬぐえない。妹と話して(S市に眼の専門の病院があると前から聞いていたから)電話して診察だけでもしてもらったら?となりP動物病院に電話する。と、早急に来て下さい。確実にエリザベスカラーをして と言われ翌日S市まで行く。先生に事情を話て診察してもらう。

診察の結果、角膜穿孔との事。穴が大きく傷も深いそうだ。鼻がダラダラ出て止まらない 目がショボショボして回りが汚れる のは白血病のせいではなくヘルペスウイルスによるものだそう。ええ?そうなんだ、知らなかった。ヘルペスによって角膜が弱くなっていたと思う と言われた。拭いただけで、破れないから と。それでも、もっとそうっと優しく拭けば良かった と思う。でも、同じ状態で多くの子の手術をしてる 赤みが多少残ると思うけれど9割以上、治るからまだ1才だし手術しましょう と言われる。

費用の事は別にしても、このまま穴があいたまま失明してしまうのは・・・と思っていた。でも心配だったのは白血病のめぐにとって手術(麻酔)する事が負担になってストレスになっちゃうんじゃないか?と思って悩んでいた。先生に相談したけれど白血病があっても痛みもあるし、してあげた方がいいとの事で受ける事に決めた。ヘルペスウイルスによる炎症があるから3日間薬を飲んで5日の夕に手術。夜、電話したら無事に手術が済んで成功したそうだ。ああ、良かった。

毎日、電話で様子を聞いて9日に退院してきた。(その日の朝、具合の悪かったエマがお星さまに。めぐの帰りを待ってたようだった、会わせたかった エマがんばったね。つらかったね。)

s-IMG_1440退院してきた手術後まもない、めぐ。毎日1時間~2時間おきに2種の目薬と飲み薬

 

 

 

 

s-IMG_1451手術して1週間ほどすると眼全体がすごく腫れてくる。2~3時間おき2種の目薬と飲み薬

 

 

 

 

 

s-IMG_1460 s-IMG_1466

 

 

 

 

 

10日すぎ、まだかなり腫れている。引き続き目薬2種と飲み薬

 

s-IMG_1480 s-IMG_1484 s-IMG_1503
2
週間過ぎたころからほんの少し周りの腫れがなくなってくる。目薬と飲み薬は続ける

3週間になる頃、少しずつ周りの腫れが引いて真ん中に赤身がある状態に。飲み薬は一旦終了、目薬は続けるs-IMG_1583赤い腫れが内部全体から少し縮小して、腫れの厚みが薄くなってきた。めぐは食欲旺盛とても元気に

3週間ほどすると目薬の回数も減って1種類だけになる。他の保護猫やおもちゃで夢中になって遊ぶ、ああ~良かった。手術受けて良かった。おかげさまで、とっても元気に!

めぐの目3)へ続く。